65文字に増加!ヤフオクでCDを出品する際の有効的な商品タイトルの付け方

1年以上前の話になりますが
2017年1月中旬から、ヤフオク商品タイトルの上限文字数が65文字に変更されました。

それまでが30文字だったので、実に2倍以上に増えたことになります。

30文字だと「アーティスト名」「タイトル」を入力するだけで上限に達してしまう事も多く
CDによってはアルバムタイトルを途中で切らざるを得ないことさえありました。

しかし文字数が増えた事によって、商品名を全て記載できるようになっただけでなく
文字数制限のせいで書きたくても書けなかったことが色々と書けるようになりました。

では、CDを出品するにあたり
文字数の増加によってどんな事が可能になったのか
何を書けば多くの人に商品を見つけてもらえるか

これについて具体的に解説していきたいと思います。

英語表記、日本語表記の両方を記載できる

海外のアーティストに限らず、英語表記のアーティスト名は多数存在します。
日本でもバンドやグループの場合は英語の名前が非常に多い傾向にありますね。

そういったアーティストのCDを出品する場合
「英語表記」「日本語表記」のどちらで商品タイトルに記載するべきなのかが悩みどころでした。
30文字しか入力できなかったため、どちらか一方しか記載できなかったからです。

例えば日本のアーティストでいうと

・JUDY AND MARY(ジュディ・アンド・マリー)
・ORANGE RANGE(オレンジレンジ)
・THE BLUE HEARTS(ブルーハーツ)
・THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)

など、英語表記もカタカナ表記も一般的に浸透しているアーティストの場合
30文字しか入力できなかった頃は、どちらか片方を選んで記載するしかありませんでした。

ちなみに、「JUDY AND MARY」で出品した場合
「ジュディ・アンド・マリー」で検索した人には表示されません。

こういった問題もあって、文字数増加後は両方とも記載することができるため
検索に引っ掛かる回数が増えることによって、売れ行きも当然良くなります。

洋楽の場合はもっと60文字になった恩恵を受けられます。

海外のCDはアーティスト名だけでなく
アルバムタイトルには「原題」に加えて「邦題」というものが存在します。
海外でのオリジナルのタイトルである「原題」以外に
日本のレコード会社が独自で付けた「日本語読みのタイトル」があるのです。

例えばこちらのCD

 

 

 

 

 

 

 

ビートルズの有名なアルバムですね。

原題は「A HARD DAY’S NIGHT」なのですが
邦題は「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」となっています。

日本ではこの「邦題」の方が浸透していることも多いので
「原題」で検索する人もいれば、それと同じくらい「邦題」で検索する人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのCDも
原題は「VAN HALEN」ですが、邦題は「炎の導火線」です。

洋楽の場合は「アーティスト名」「タイトル」の両方ともに
英語表記、日本語表記の2つが存在するため
上限文字数が多いとどちらも記載できるため、非常に便利です。

ちなみに上のビートルズのCDの場合だと
【THE BEATLES ザ・ビートルズ / A HARD DAY’S NIGHT ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!】

このように記載してもまだ「45文字」なので、さらにあと20文字追加することが出来ます。
※半角文字は2文字で1文字の計算となります。

ここで例として挙げたものは有名なので問題ありませんが
そこまで出回っていないアーティストの場合
両方記載することで「検索漏れ」を防ぐことができます。

よほど欲しがっている人でない限り
色んなワードの組み合わせで検索してくれる人は少ないため
考えられるワードが予め商品タイトルに付いていると
一発で検索に引っ掛かりますので非常に便利です。

複数の呼び名を記載できる

日本語表記のアーティストにはまずないことですが
英語表記のアーティストの場合、それをカタカナ読みにすると、いくつかのパターンが考えられることがあります。

例えば以下のアーティスト

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャズ界の巨匠「MILES DAVIS」ですが
カタカナで表記する場合

〇マイルス・デイヴィス
〇マイルス・デイビス
〇マイルス・デービス

このように、複数の表記が考えられます。
これは実際、このアーティストの国内盤CDのカタカナ表記として
帯や背表紙に記載されている呼び名です。

一般的には「マイルス・デイヴィス」か「マイルス・デイビス」ですが
人によってはそれ以外で検索する人もいます。

このような場合、「マイルス・デイヴィス」「マイルス・デイビス」の両方を記載しておくと
この人のCDをカタカナで検索する人に確実に見つけてもらうことができます。

実際に書いてみると
【MILES DAVIS マイルス・デイヴィス(デイビス) / KIND OF BLUE カインド・オブ・ブルー】

こんな感じで記載すると良いと思います。

代表的な収録曲を記載できる

ヤフオクでCDを検索する人の中には
特定の曲だけを探している人もいます。

その曲のシングルが存在する場合は検索すれば出てきますが
シングル化されておらず、アルバムにしか収録されていない場合
どのCDに収録されているか分からないため、検索することができません。

そんな時、出品するアルバムの中に収録されている

・シングル曲
・有名な曲
・ドラマ、CMソング

これらが分かるならば、商品タイトルに盛り込むと良いです。

「これに入ってるんだ!」と、すぐに入札してくれる可能性が高くなります。

ヤフオクで検索する前にネットで調べるのが普通だと思いますが
中にはそれを面倒くさがる人もいますので、余裕があるなら書いてあげるとより検索に引っ掛かりやすくなります。

送料

同じCDでも、出品者によって発送方法は様々です。

CDの場合、最も多いのが「クリックポスト」という発送方法で、送料は164円です。

しかし中には「ゆうメール」のみの対応で送料が180~215円だったり
補償はあるけど割高な「ゆうパック」しか対応しない人だっています。

よほど大きな特殊サイズのCDでない限り
クリックポストが一番安価な発送方法ですので

【THE BEATLES ザ・ビートルズ / A HARD DAY’S NIGHT ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!◆送料164円◆】

このように記載しておくと
相手はいちいち商品ページを確認しなくても送料が分かるため安心です。

送料が一番安価なクリックポストの164円と書かれていれば
あなたから購入してくれる可能性が高くなります。

付属品・状態

CDには色々な付属品がありますが
一番代表的なのが「帯」です。

 

 

 

 

 

 

 

帯があるかないかで価値が変わることも多く
中には絶対に帯の有るものしか買わない人だっています。

帯が付いている場合は必ず、商品タイトルに「帯あり」「帯付き」などの表記をした方が良いです。

帯以外にもステッカーやブックレットなどの特典がある場合は
同じく「ステッカーあり」「ブックレット付き」などと記載しましょう。

洋楽CDを出品する場合は、「国内盤」「輸入盤」かの記載も必要になってきます。
国内盤の場合は「日本語解説」や「対訳」などが付いており
「聴く」だけでなく「読む」という楽しみがあります。

一方、輸入盤にはそういった物は一切付いていません。

こういった理由から、国内盤を求める人の方が多いです。
かなり重要ですので、一目で分かるようにしておきましょう。

それ以外だと、商品の状態も重要です。

特に目立った傷みなどがない場合は書く必要はありませんが
新品同様にキレイな場合は「美品」と表記すると落札される可能性が高まりますよ。

まとめ

以上が「ヤフオクでCDを出品する際の有効的な商品タイトルの付け方」でした。

一番良いのはパターンを決めてしまうことです。

例えば
「アーティスト名」⇒「タイトル」⇒「付属品・状態」⇒「代表的な収録曲」⇒「送料」

このようにパターンを決め
すべてのCDをこれに当てはめて商品タイトルを付ければ
あなたの出品物のタイトルすべてに統一性が出ます。

もし文字数がオーバーするようなら
「代表的な収録曲」は削ってしまっても問題ないですね。

たまに、検索に引っ掛かりやすくするために
「このアーティストと似たような感じの音楽性ですよ」という意味で
別のアーティスト名を商品タイトルに書く人がいますが
検索する人にとっては迷惑ですので、止めた方がいいですね。

是非参考にしてください。

今後の更新を見流さないために、こちらからLINE登録をお願い致します。
友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸
もし「アピールポイント」があるなら、それも商品タイトルに盛り込むといいですね。

パッと思いついたものを挙げると

・送料無料
・即決
・同梱可能
・迅速発送

などです。

同じCDが何枚も出品されていて、なおかつ価格も同じくらいなら
これらのアピールポイントがあると売れやすくなります。