「転売ヤー」「せどらー」が嫌われるもう1つの理由

以前に書いた記事
「良い転売」「悪い転売」の定義って何?】の中で
3つの「悪い転売」の定義について解説しました。

・品薄商品を買い占め、定価以上で売る
・規約違反を犯す
・他人に迷惑をかける

実はこれに加えて、もう1つ
例え世間に何の迷惑をかけていなかったとしても
「転売ヤー」「せどらー」が嫌われる理由があります。

それは
「ただ右から左へ商品を流して利ざやを稼いでいるだけ」ということです。

世の中に溢れている転売せどりの手法の大半は
「そのような状態」、または「そのように見えてしまう状態」にあります。

自分で付加価値を生み出したことによって利益が発生したのではなく

・セールによる値引き
・品薄によるプレミア化
・店舗の値付けの甘さ、うっかりミス

など、「外的要因によって発生する価格差」を利用して
利ざやを稼いでいるだけの場合がほとんどなのです。

こういった転売せどりを行っている人に対して
世間の人は

「楽して稼ぎやがって!」
「真面目に働け!」

という感情を持つわけです。

実際、ネット上のあらゆる転売せどりの手法を見てみても

「〇〇で今セールやってますよ」
「こんな商品にプレミアが付いてるので狙い目ですよ」

といった感じで
外的要因によって発生する価格差を「見つけるための手法」である場合がほとんどです。

これに加えて、冒頭でお話しした

・品薄商品を買い占め、定価以上で売る
・規約違反を犯す
・他人に迷惑をかける

といった、自分の利益のことしか考えていない行動を取る人が多いため
世間から厳しい目で見られてしまうのです。

もちろん、どんな商売でも「外的要因によって発生した価格差」で利益を得ることはあります。

しかし、「それのみ」で商売を行い
自分で何の付加価値も生んでいない状態だと
そもそも、それは「ビジネス」とは言えません。

ほとんどの転売せどりの手法というのは
そんな「転売ヤー」「せどらー」の思考によって作られたノウハウです。

そのノウハウをそのまま実行するだけでは
「外的要因によって発生した価格差」のある商品を
「ただ右から左へ商品を流して利ざやを稼いでいるだけ」
になってしまいます。

自分で付加価値を生み出すことができないと
「外的要因」によって大きく業績が左右されます。

たとえ今は稼げていたとしても
それが長続きするかどうかは、「外的要因」次第のため
自分ではどうすることもできません。

だからこそ、自分で付加価値を生むことができない人は
「次は無在庫転売だ!」「次は中国輸入だ!」
常に新しい「外的要因」を模索し続けることが宿命となります。

世の中には様々な手法がありますが
あなたがこれから「転売せどり」を始めようとする場合
そのノウハウに「自分で付加価値を生む」要素があるのかを吟味してください。

単に「価格差を見つけるための手法」であれば
それは短命で終わるリスクが大きい上、世間の目も冷ややかです。

逆に、明らかに自分で付加価値を生んで利益を得る手法の場合
それは「ビジネス」として世間も認めてくれますし
何より家族も認めてくれます。

当然ながら私の手法も
自分で付加価値を生んでいるからこそ
65~75%という、通常ではありえないほどの高い利益率を実現することができています。

・CDの中でも、誰も売らないような価値の低いCDに手を加えて売る
・そのため、仕入にまったく困らない
・プレミア品に頼る必要がない

外的要因によって発生する価格差を利用するのではなく
価格差(付加価値)を自分で生み出して利益を得る。

これが本来あるべき商売の姿ではないかと思います。

参考になれば幸いです。

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

私とLINEで友だちになっていただいた方には
「CD転売初心者の方が犯してしまう4つのミス」という動画を無料でプレゼントしています。

この動画を見れば、CD転売初心者の方がやりがちなミスを前もって把握することができます。

お友だち登録していただければ何度でも質問できますので
まずは気軽に登録してみて下さい。

詳しくはこちら↓をクリックしてくださいね。

友だち追加