まとめ売りCDの送料に潜む罠

まとめ売りCDは枚数が多ければ多いほど
送料も必然的に高くなります。

1000枚セットともなると
ダンボール6~8箱くらいになるため
落札金額よりも送料の方が高いことも多くなってきます。

この、まとめ売りCDを仕入れる際の送料
気を付けて確認しないと痛い目に合うことがあります。

普通の出品者の場合
このように、分かりやすく送料を記載している場合がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一部の出品者は
このように記載していることがあります。

ちなみに上の写真の出品者も下の出品者も
同じ「1000枚セット」を出品しているのですが
一見、下の出品者は送料がかなり安く見えます。

しかしよく見ると
・下記の送料は1箱分となります
・こちらの商品は8箱での発送となります

という記載があります。

つまり、例えば愛知県なら
1,130円×8箱=9,040円の送料がかかるということです。

私のように慣れていると
1000枚セットで送料が千円台はありえないと
すぐに分かります。

しかし、初心者の方はよく分からないため
いざ落札したら、表記の8倍の送料を請求され
支払いができないなんてことが起こってしまいます。

私が初心者の頃
一度この失敗をしています。

さすがに支払いができないことはないですが
送料が異常に安く、喜んで落札したら
めちゃくちゃ高い送料を請求されました。

「エッ!」と思って説明欄をよく読んだら
「表記の送料×11箱で計算してください」と
しっかり書いてありました。

なぜこのような送料の表記をする人がいるかというと
落札者を騙そうという意図があるわけではなく
単純に「面倒くさい」からです。

どんな出品ツールを使っても
自動で複数個口での送料計算をしてくれないため
注意書きとして「×11箱です」と書くに留めているのです。

勘違いを防ぐためにも
商品の説明欄、特に送料に関することはよく読み
間違いのないよう注意しましょう。

ぜひ参考にしてください。

今後の更新を見流さないために、こちらからLINE登録をお願い致します。
友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸
まとめ売りCDの出品者の多くは
送料からも利益を取ろうとしている人が多いです。

実際の送料よりも
明らかに高い金額を提示しています。

そんな人が多いからこそ
自分がまとめ売りCDを出品する場合
必ず正規の送料を記載します。

そうすると
他の出品者よりも送料が安いため
入札されやすくなりますよ。