ヤフオクCD転売に最低限必要な備品・消耗品

ヤフオクCD転売を始めるにあたって
色々な備品や消耗品を揃える必要があります。

そう言われると出費が心配になりますが
ほとんどは既にあなたが持っているものです。

購入が必要なものでも
100円ショップで売っている物が多いので
とても安価で揃えられると思います。

パソコン

ヤフオクはスマホからも使うこともできますが
効率良く作業を行うためには
パソコンを使うことが必須条件となります。

当然、インターネット接続環境も必要です。

特にハイスペックなパソコンを使う必要はなく
ノートパソコンでも十分です
ので
お使いのパソコンがあればそれを使ってください。

パソコンが苦手な方は、この先どんな副業をするうえでも
最低限のパソコン知識は必要となってきますので
これを機会にパソコン操作に慣れることをおすすめします。

プリンター

CDの発送には「クリックポスト」が必須であり
ラベルの印刷は自身で行うため
プリンターは必ず必要となってきます。

毎月インク代がかかりますが
クリックポストのラベルは白黒印刷でもOKなため
「ブラックインク」しか購入することはありません。

スマートフォン

主な使い道は、商品撮影です。

CDは画質によって価値が上下するものでもないので
わざわざ高機能カメラを使う必要はありません。

他には、ヤフオクのアプリをインストールしておくと
「入札・落札・入金・評価」があった場合に
通知してくれる機能があります。

パソコンだけだとどうしても自分で確認しなければならず
見落としも生じますので、ぜひアプリも使用してください。

CDプレーヤー

すべてのCDの再生チェックを行うことはありませんが
深いキズが少しあるけど高く売れるCDなどは
再生チェックして問題なければ出品します。

その際に必要となりますが
パソコンがあればCDは再生できますので
特に専用として買う必要はありませんね。

関連記事
「仕入れたCDの再生チェックは必要?」

CDクリーニングセット

中古のCDを扱う以上
最低限のクリーニングは必要です。

主に以下の3つですが
どれも100円ショップのもので問題ありません。

ディスクを拭く布(メガネ拭きでOK)

ディスクには指紋や汚れが付いていることが多いです。
そのまま売ると「汚かった」とクレームにつながるだけでなく
再生に支障がでる場合もあります。

取れる汚れはキレイに拭き取ってから
出品しましょう。

シールはがし

仕入れたCDの中にはレンタルアップ品が入っていることも多いです。
レンタルシールをキレイに取ることで、通常のCDとして販売できますので
頻繁に使います。

両面テープ

外箱がパカッと開いてしまっていたり
特殊ケースのトレイ部分が取れてしまっていることがあります。

その場合は両面テープで補修することで元通りとなります。

梱包・発送セット

商品が売れたら、自分で梱包・発送しなければなりません。
CDに何の対策もせずに発送してしまうと
商品の状態を損なうことになってしまいます。

以下のものを用意し、良い状態のまま相手に届くよう注意しましょう。

CDを入れる袋

CDには水濡れ防止策が必要なため
袋に入れて発送しなければなりません。

CD専用の袋も売られていますが
100枚で500円近くかかります。

私の場合は近所のホームセンターで
幅150mm×長さ250mmのポリ袋を買って使っています。

これだと100枚で178円で済みます。

ハンディーラップ

これは特殊なサイズのCDや
セット売り商品の梱包に使います。

袋に入らない大きな商品は
このラップで全体をぐるぐる巻きにすることで
水濡れ対策ができます。

プチプチ・封筒

CDケースは割れ物ですので
緩衝材(プチプチ)は絶対に必要です。

これでくるんでから封筒に入れて発送します。

ただ発送数が増えてくると大変なので
私の場合はプチプチが元々付いた封筒を
ネットで購入して発送しています。

OPPテープ

これはダンボールで発送する場合に使います。
まとめ売りや大きめのサイズのCDなどですね。

表面がツルツルのガムテープを使うと
発送伝票をその上に貼り付ける際にくっつかない
ので
OPPテープを使った方がよいです。

セロテープ

CDの袋を留めることと
クリックポストのラベルを貼る時に使っています。

セロテープ台は重みのあるものにしてくだい。
あまりにコンパクトなものだと軽すぎて
非常に使い勝手が悪いです。

30cm定規

クリックポストの規格内に収まっているかを
計ったりします。

ただ私の場合は
クリックポストのラベルを切る際に
「ビリッ」とキレイに破るために使っています。

この方がハサミで切るより断然速いです。

カッターナイフ

梱包時というよりは商品が届いた時に
ダンボール開封に使います。

まとめ

以上が、ヤフオクCD転売を行う上で
最低限必要な備品・消耗品です。

初心者の方はとりあえず
ここで紹介したものは揃えておきましょう。

出品数や発送数が増えてくると
以下のものが必要になることもあります。

・計量器(はかり)
・研磨機
・ラベルシール(商品管理用)

これらはまた別の機会に紹介いたします。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

今なら期間限定で
私が行っている完全オリジナル手法のCD転売ノウハウを詰め込んだ
ヤフオクCD転売パーフェクトマニュアルを販売しています。

自宅にいながらヤフオクだけを使って仕入と販売を行い
月収55万円を稼いだ方法がすべて詰め込みました。

この手法は広まりすぎると確実に飽和するため
個数を限定して販売しております。

そのため販売数が上限に到達した時点で販売を終了しますので
今うちに【こちら】から詳細を確認してください。

 

 

 

 

 

 

このブログを見てくださったあなたは

・これからネットビジネスを始めたい
・すでに始めているが、もっと収入を増やしたい

と思っているのではないでしょうか。

 

私は「CD転売」から「情報発信」へとステップアップし
あっという間に月収が55万円から100万円へと跳ね上がりました。

今では情報発信だけで生計を立てています。

初心者の方は「転売」から入ることをオススメしますが
それと同時に「情報発信」も始めることで
収入は何倍にも膨れ上がりますよ。

 

今なら期間限定で
「ゼロから月収100万円になるまでの6つのステップ」
という、動画教材をプレゼントしています。

この動画を見れば
資金ゼロの状態からネットビジネスでどのように月収100万円まで辿り着くのか。

寄り道なしの最短ルートを知ることができます。

動画で解説したステップ通りに進めていけば
月収100万円がそう難しくないことが分かりますよ。

ぜひ【コチラ】から受け取ってくださいね。

 

 

 

 

 

●追伸

「CDはテープ付きの専用袋に入れた方がいいですか?」
というご質問をよく頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その方が喜ばれるんじゃないかと思いがちですが
よほどの音楽マニアでない限り
届いたら袋は捨ててしまいます。

クラシックやジャズのCDをメインに扱う人なら
1枚1枚袋に入れて保管することもありますが
それ以外はまず必要とされません。

あくまで「水濡れ防止」のためなので
安いもので問題ないですね。

次回は「仕入れたCDの検品の際、確認が必要な5つのポイント
について解説いたします。