新品未開封CDを出品する際に気をつけたい4つのポイント

まとめ売りCDを仕入れると
新品未開封品が入っていることがあります。

未開封品ですから特に検品の必要がないと思いきや
そんなことはありません。

新品を購入する人は
状態を重視するからこそ
わざわざ中古ではなく新品を購入します。

以下のポイントを確認しておかないと
クレームに発展することがありますので
しっかり検品を行いましょう。

ケース割れがないか

せっかく未開封品を購入したのに
ケースが割れていたのでは価値が半減してしまいます。

表裏の確認はもちろん、上部、下部からも確認し
フタの付け根部分が折れていないかまで
しっかり確認してください。

割れや破損があった場合は
商品説明に記載して出品しましょう。

ビニールに破れがないか

とにかく新品未開封品を購入する人には
コレクション目的の人が多いです。

視聴する目的での購入であれば
ビニールに少し破れがあっても問題ないですが

コレクターは未開封のまま所持していたいので
ちょっとした破れも気にします。

商品説明に記載することはもちろん
破れている部分を画像でアップしましょう。

破れている場所や程度によっては
それほど価格に影響のない場合もあります。

ツメが折れていないか

未開封品でもトレイのツメが折れていたという
クレームを受けたことがあります。

どうしてなのかは分かりませんが
ケースなどの外部は無事なのに
内部のみ破損が起こることがあるんです。

未開封なのにどうやって確認するかと言うと
軽くCDを振ってみてください。

中で「チリチリ」と小さいプラスチック片が動く音が聴こえたら
ツメが折れている可能性が高いです。

その場合も、そのままを商品説明に記載して
出品すればOKですね。

サンプル盤ではないか

これは初心者の方が特に気づきにくいです。

CDには通常のもの以外に
「サンプル盤」という非売品が存在します。

店頭での「プロモーション用」として
レーベルからCDショップなどに無償で貸与されるものです。

ご覧のように、一見普通のCDに見えますが
裏返してみると

このように、「見本品」というシールが貼られているため
このCDは「サンプル盤」であることがわかります。

収録曲や歌詞ブックレットなどの内容はまったく同じですが
サンプル盤だとコレクション要素が損なわれるため
まったく価値がありません。

また、売買することは禁止されているため
場合によっては違反申告されて出品を取り消されたり
悪質な場合アカウント停止もありえますので
絶対に出品しないよう注意してください。

まとめ

以上が、新品未開封CDを出品する際に気をつけたい4つのポイントです。

・ケース割れがないか
・ビニールに破れがないか
・ツメが折れていないか
・サンプル盤ではないか

未開封品の購入者はコレクション目的の場合が多いため
状態をとても細かく気にします。

わずかな確認不足でもクレームに発展しますので
4つのポイントをしっかりと確認して
出品しましょう。

今後の更新を見流さないために、こちらからLINE登録をお願い致します。
友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸
まとめ売りCDはダンボールにぎゅうぎゅう詰めにされて配送されます。

そのため、梱包や配送の過程でケースが割れることも多いです。

新品未開封CDが入っていたら
何かしら破損があるものと思って検品しましょう。

CDショップからの仕入の場合は
サンプル盤の混入率は高いですので
注意が必要ですね。

次回は
ヤフオクアプリを使うメリットについてお伝えします。