ヤフオクCD転売をやるには毎月どれくらいのお金がかかりますか?

LINEでいただいたご質問を、今回もシェアさせていただきたいと思います。

先日
「ヤフオクCD転売をやる上で、毎月どれくらいのお金がかかりますか?」
というご質問をいただきました。

ここで言う「お金」というのは、いわゆる「経費」ですね。
毎月どれくらいの支出があるかということです。

まず、経費には大きく分けて2種類あります。

売上に関係なく毎月決まった金額の支出となる「固定費」
売上などによって増減する「変動費」です。

今回のご質問の意図はあくまで
「ヤフオクCD転売を始める上で、新たに発生する経費は何?」という趣旨なので

・家賃
・電気代
・ネット通信費
・携帯電話代

など、CD転売をする前から元々支払っていたもので
「確定申告の際に経費として一部計上できますよ」
という趣旨のものは省略させていただきます。

それでは解説していきたいと思います。

固定費

ヤフオクCD転売を始める上で発生する固定費は
主に今から解説する2つのみです。

ヤフオク! プレミアム会員費

月額498円(税込)

パソコンを使ってヤフオクで出品する場合
プレミアム会員にならなくてはいけません。

最近、アプリ限定で
プレミアム会員登録なしでも出品できるようになりました。

しかし、趣味程度ではなく商売としてがっつり稼ごうと思った場合
パソコンを使って作業しないと、とても満足のいく結果は得られません。

よってプレミアム会員への登録は必須となりますので
月額498円(税込)は必ずかかってきます。

オークファン プレミアム会員費

月額980円(税込)

ヤフオクでの過去の落札相場を調べる場合
過去90日分であればヤフオクで調べることが出来ます。

有名なアーティストのCDであればそれで十分ですが
マニアックなアーティストのCDの場合
90日の間に落札履歴がないことの方が多く
ヤフオクだけでは不十分です。

そこで必要となってくるのが「オークファン」というサイトです。

無料でも一ヵ月間の落札履歴を調べることが出来ますが
月額980円のプレミアム会員になることで
最大で過去10年間の落札相場を調べることが出来ます。

まとめ売りの中には
聞いたこともないアーティストのCDもたくさん入っています。

そういったCDにはプレミアが付いていることも多いため
価格はしっかりと調べなければなりません。

そのためにも、オークファンのプレミアム会員登録は必須です。

変動費

変動費とは、先ほども書きましたように
売上などによって増減する経費のことを言います。

ですのでここで明確な金額を提示することはできません。

売上が少なければ当然これらの経費も少なくなりますし
何の行動もしなければ、1円もかかることはありません。

かかる金額はその状況次第ですので
どのようなものがあるかのみ紹介していきたいと思います。

落札システム利用料

これはまさに売上に比例してかかってくる経費ですが
商品が売れたら、その『落札金額の8.64%』をYahoo!へ支払うことになります。

例えば1000円で落札された場合
その8.64%の『86円』が落札システム利用料となります。

ヤフオクの支払方法が「Yahoo!かんたん決済」に一本化され
入金される時点で自動的に差し引かれる形となりました。

当然ながら、1つも売れなかったら1円もかかりませんが
売上が多ければ多いほど、必然的に落札システム利用料も高くなります。

送料

これも落札システム利用料と同様
売れた数に比例してかかってくる経費です。

ただし、送料は基本的に落札者負担であり
送料も含めた金額を入金していただくことになりますので
実質的な負担はありません。

仕入金

仕入は売上を上げるために必要不可欠なものですが
売上と完全に比例するわけではありません。

仕入の内容が悪ければ売上は低くなってしまいますし
内容が良ければ、少ない仕入金額でも多くの売上を作ることだってできます。

ですので一概には言えませんが
通常は仕入を増やさなければ売上は増えませんので
「投資」の要素が強い支出となります。

消耗品費

これも仕入金と同様、売上と完全に比例するわけではありません。

その月に使う分だけを上手に購入することができれば少なくて済みますし
過剰に購入してしまえば、売上に対して消耗品費の割合が増えてしまいます。

しかし基本的には売上が多ければ、その分、消耗品も多く使いますので
ある程度は売上に比例して消耗品費も増えていきます。

まとめ

以上が「ヤフオクCD転売をやる上でかかる経費」についてでした。

毎月1,478円の固定費があり
さらにそこから、売上などに応じて変動費がかかってくるということですね。

これを「高い」と思うか「安い」と思うかは人それぞれですが
私は、「あり得ないくらい安い!」と思います。

普通、店舗を構えて商売をしようと思った場合
初期投資に〇百万、〇千万円とかかるだけでなく
毎月高額な家賃も発生します。

場所にもよりますが、私が以前働いていた中古CDショップの場合
120坪の店舗で毎月45万円の家賃が発生していました。

それらを払った上でなお利益を出し、やり繰りしていたわけです。

それに引き換え
「ヤフオク」という絶好の立地条件で店を出せるだけでなく
その家賃がたったの「月額498円」なんです。

正直、「こんなに安くていいのだろうか」と思ってしまいます。

ヤフオクだけでたったの498円。
それを補うサイトに980円。

毎月たったの1,478円で商売ができると考えたら
実店舗を構えて商売するのが馬鹿らしくなるほどの好条件です。

いかに恵まれた環境であるかを理解できたならば
あなたはきっとヤフオクCD転売に本気で取り組むことができると思います。

ぜひ参考にしてください。

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

私とLINEで友だちになっていただいた方には
「CD転売初心者の方が犯してしまう4つのミス」という動画を無料でプレゼントしています。

この動画を見れば、CD転売初心者の方がやりがちなミスを前もって把握することができます。

お友だち登録していただければご相談も承りますので
まずは気軽に登録してみて下さい。

詳しくはこちら↓をクリックしてくださいね。

友だち追加

●追伸

変動費の中には「ガソリン代」もありますが
私が行っているCD転売の場合、ほとんどかかりません。

車を使う場面は発送する時くらいですが
ポスト投函できたり、集荷に来てもらえたりしますので
ほとんど車を使わないのが現状です。

本当にほとんどの時間を自宅で過ごしていることになりますね^^