転売せどりで生計を立てることに家族が反対する理由と解決方法

あなたが副業、または専業で転売を行う場合
最初の難関となるのが、「家族の理解」です。

残念ながら何か新しい事を始めようとする時、周りは必ず反対します。
ましてや家族であればその傾向はさらに強く
収入に深く関わることなので、必然的に猛反対されることが多いです。

転売を行う上で、家族の理解を得ることはかなり重要です。
ちゃんと理解してもらえれば仕事を手伝ってもらえますし
何より、気持ちの面でも「がんばり甲斐」があります。

ではどうすれば家族に理解してもらえるのか
これについて考えていきたいと思います。

そもそも理解してもらうのは無理

こんなことを言っては元も子もないですが
そもそも、いきなり理解してもらうこと自体に無理があります。

たとえ転売の具体的な内容を説明したとしても
まず納得することはないでしょう。

では、家族は具体的にどういった点が不安なのでしょうか。

転売は怪しい

すでに転売を行っている人や興味のある人でない限り
「転売」が一体どういうものなのか、詳しく知りません。

一般の人が「転売」という言葉に触れる機会は
ネットやテレビのニュースぐらいしかないんです。

「転売」がニュースになるパターンは大体いつも決まってて

・人気商品の発売日前から行列ができ、転売目的と思われる人物が先頭を占領
・アーティストが自身のコンサートチケットの高額転売に怒り爆発
・転売目的で万引き・窃盗を繰り返していた人物が逮捕

このように、他人に迷惑をかける自己中心的な「転売屋」のニュースがほとんどで
これとは逆に、「今日はこんな素晴らしい転売屋さんをご紹介します」
といったニュースが流れることはありません。

こういった理由から、「転売=悪」というイメージが刷り込まれています。

いくら、「オレがやる転売はちゃんとした手法で・・・」と言ったところで
その違いなど分かるわけもありません。

うまくいくか不安

あなたがやろうとしている事が「転売」だろうが何だろうが
そもそも「うまくいくわけがない」という不安が家族にはあります。

例えば一番多いのが
「何の取り得もなく、ごく普通のサラリーマンのあなたにできるわけがない」
という声です。

ビジネスの才能があり、会社でもスピード昇進したなどの実績があればまだ納得できますが
いわゆる「普通のサラリーマン」がいきなりビジネスをやろうとしても
まず成功するとは思ってもらえません。

・初期投資のお金はどこにあるの?
・失敗して借金を背負ったらどうするの?
・そんな事やる時間がどこにあるの?

という様々な不安に駆られるのです。

人は「今より収入が増えたら嬉しい」と思っているにも関わらず
無意識のうちに「現状維持」を求めます。
ヘタに危険を冒すぐらいなら、今の生活のままの方が「安心」なのです。

特に主婦の方はその傾向が強く、説得することは一筋縄ではいきません。

とにかく結果を出す

それでも転売を始めたい場合どうすればいいか

それは、結果を出してしまうことです。

どんなに否定的な考えを持っていても
結果が出ているならば、誰も文句は言いません。

予め理解を得ることはほぼ不可能ですので
まずは始めてしまって、結果を出した上で理解を求めるのです。

結果が出ているという事は
「うまくいかないのでは」という不安がすでに解消されていますので
間違いなく理解を示してくれるでしょう。

ただし、いくつか条件がありますので
これらをしっかり守るようにしてください。

結果を出すまでの期限を決める

「オレは成功するまでやり続ける!」と言っても
具体的な期限がないと、おそらく成功しませんし、家族は始めることすら納得しません。

転売に限らずですが、何か夢や目標がある場合
「いつまでに」という意識が大事です。

転売を始めることに反対していても
「いつまでに結果が出なかったらやめる」という期限があれば
家族も渋々ですが、そこまでは黙って見ていてくれます。

一番最悪なのは、何年も続けているのに一向に結果が出ず
それでも「オレはいつか成功してやる」と何年経っても言っていることです。

例えば半年なら半年の間、がむしゃらに転売に取り組んでみて
それでも結果が出ないようなら、「潔くやめる」というのも一つの手ですね。

継続して結果を出す

単発的に稼ぐことは、比較的カンタンです。
しかし重要なのは、継続して結果を残すことです。

やり始めてすぐに稼ぐことができても
それが続かなければまったく意味がありません。

月によって多少のバラツキはあっても
「最低でも20万円の収入がある」といった状況なら
副業レベルなら十分すぎるくらいですね。

これなら反対していた家族も必ず納得してくれます。

まとめ

以上が「転売せどりで生計を立てることに家族が反対する理由と解決方法」でした。

「そもそも理解してもらうのは無理」
ということを頭に入れ

「いつまでに結果を出す」ことを宣言して
期限まではやらせてもらいましょう。

継続的に結果を出すことが出来たら
そこで自然に理解が得られます。

始める前から無理に説得する必要はありません。
まずは期限付きで「やらせてくれ!」という熱意が大事ですね。

「理解してもらってからやる」ではなく
「やってから理解してもらう」という考えが必要です。

参考になれば幸いです。

今後の更新を見流さないために、こちらからLINE登録をお願い致します。
友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸
もっと言えば
いくら継続的に結果が出ていても
「悪い転売」をやっていたのでは意味がありません。

誰にでも誇れるような商売であれば
胸を張って続けることができます。

詳しくは
「良い転売」「悪い転売」の定義って何?
をご覧ください。