ヤフオクCD転売で「仕事一筋」から「家庭第一」の人生へとシフトしませんか?

今日は小さいお子さんを持つサラリーマンの方に向けて
ヤフオクCD転売で成功した先に、どんな生活が待っているかについてお話ししたいと思います。

先日、娘の保育園の入園式に夫婦そろって参加してきました。
息子が年長、娘が年少になり、2人とも保育園に通うことになります。

私はこれまで、息子の保育園の行事には欠かさず参加してきました。

・保育公開
・七夕まつり
・水遊び参観
・運動会
・作品展
・発表会

1年の間にこれだけの行事があり
他にも「懇談会」や「保護者会の総会」、それに毎日の送り迎えだってあります。

熱が出て急に保育園を休む時でも、いつでも家で一緒にいてあげられますし
保育園から呼び出しがあった場合も、すぐに迎えに行くことができます。

通常、父親が保育園に来るのは「運動会」「発表会」といったメインイベントくらいで
あとは「たまたま仕事が休みだから迎えに来た」という感じだと思います。

平日は皆さん会社勤めをしているため
子どもと思いっきり接することができるのは土日くらいしかないはずです。

仕事が大変であればあるほど疲れも溜まりますので
休日に子どもと遊ぶことさえままならない方もいるのではないでしょうか。

私はサラリーマン時代、ずっとサービス業をやっていたため
土日祝日はいつも仕事をしていました。

息子が保育園に入ったばかりの頃は
家族が寝た後に帰ってきて、家族が起きる前に出勤していたので
ほとんど家族と接する時間がありませんでした。

仕事もかなりしんどかったため
週に一度の休日はとても遊ぶ気など起きず
翌日の仕事のことを考えたりして、完全に子供はそっちのけでした。

そんな私が、今では毎日子供たちを送り迎えし
土日にはいつも遊びに出かけています。

家でも言葉の練習をしたり、歌を歌ったり
「今日は保育園どうだった?」と、会話もたくさんします。

パートに出ている妻より私の方が子供と一緒にいる時間が長いため
子供にとっては私も「母親」に近い存在のようで
いつもベッタリとくっついてきます。

先日、保育園の園長先生と話していた時に

今が一番かわいい時ですよ。
もう少し大きくなったら親よりも友達と遊びに行っちゃうからね。
お父さんにベッタリな今、一緒にいてあげられるのは本当に幸せな事ですよ。

と言われて「ハッ」としました。

「確かにそうだな」と。

自分の子供時代を思い返してみると
小学校低学年くらいまでは親にベッタリでしたが
それ以降は友達と遊ぶことに夢中でした。

中学生になると家族と一緒に出かけたりすること自体
どこか「恥ずかしい」という感覚さえありました。

子供はあっという間に成長し、あっという間に親離れしていきます。

子育てを経験した人はみんな園長先生と同じことを言います。
「あの頃が一番かわいかった」と。

私は鬱病によって会社を辞めることになりましたが
今ではそれが本当に「運が良かったな」と思っています。

おそらくそういったキッカケがなければ
今でもダラダラとサラリーマン生活を続けており
子供との時間を作ることなどまず不可能だったと思います。

ヤフオクCD転売を始めてからというもの
「金銭的」にも「時間的」にも余裕が生まれ
それまで「仕事一筋」だった人生から「家庭第一」の人生へと一変しました。

小さいお子さんをお持ちの方や、もうすぐ生まれるという方

新婚ホヤホヤの方や、もうすぐ結婚される方

もしあなたがサラリーマン生活に疑問を感じ、将来に希望を持てないのであれば
こういった誰にも縛られない生き方を選択肢に入れてみるのもいいと思います。

「仕事のために家庭を犠牲にする」という生き方は
私からすれば、あまり幸せな人生だとは思えません。

子供との時間を大事にしたい方にとっては
自宅でできるヤフオクCD転売は最適な仕事です。

ぜひ参考にしていただきたいと思います。

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

私とLINEで友だちになっていただいた方には
「CD転売初心者の方が犯してしまう4つのミス」という動画を無料でプレゼントしています。

この動画を見れば、CD転売初心者の方がやりがちなミスを前もって把握することができます。

その他にも、ヤフオクCD転売の独自のノウハウをどんどん公開していきますので
気軽に登録してみて下さい。

詳しくはこちら↓をクリックしてくださいね。

友だち追加

●追伸

普通なら子供はお母さんにベッタリですが
うちの場合は2人とも私にベッタリです。

ちょっと母性が出てきたのか
保育園の発表会なんかを見ていると
思わず涙が出てしまいます。

こんな状態ですので
卒園式になったら号泣する自信があります(笑)