自宅で働くことの素晴らしさ Part 2 (家族旅行編)

こんにちは、堀場です。

昨日書いた記事
自宅で働くことの素晴らしさ Part 1 (運動会編)』では
子供の保育園の運動会で感じたことについて書きました。

今日はその続きとなります。

 

普段、家ではふざけてばっかりなのに
運動会で子供が頑張っている姿を見てとても感動した僕は
「何かご褒美をしてあげたい」と思いました。

それは他の親御さんも同じだったようで
みんな一様に

「今日はびっくりドンキーに連れてってあげるね」
「お寿司でも食べに行こうか」

と言っていましたね。

もちろん我が家もその夜お寿司を食べに行きましたが
他にも何かないかと考え、急遽行くことにしましたよ。

 

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)へ。

※画像とタイトルでバレバレですが^^

 

5月に初めてUSJにいった所、子どもがとても気に入り
それ以来「また行きたい」と何度も何度も言うようになりました。

たまに寝言でも
「ユニバーサル・・・」とつぶやくようになったので
こりゃあ喜ぶぞと思ったわけです。

そして「思い立ったが吉日」ということで
すぐさまホテルの空き状況を確認し
2日後なら予約が取れたので、早速行ってきました。

USJに着くまで子供2人にはどこに行くのか内緒にしてたため
高速を降りてUSJが見えた時には大喜びでしたね。

ハロウィンの期間だったので
周りはみんな仮装をした人たちばかりで
パレードも盛り上がってました。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルでの食事も子供たちの楽しみの1つで
ビュッフェ形式の朝食を楽しんだあと帰路につきました。

このように急遽行くことになった家族旅行ですが
後日おみやげを渡した保育園のママ友たちはちょっと驚いていたようです。

 

「前々から計画してたの?」

「えっ、運動会の日に行くの決めたの!?」

 

そう、旦那さんが会社勤めしている家庭がほとんどのため
そんなに急に思いつきで泊りの旅行なんて
普通はできるわけがありません。

でも、家で1人で仕事をしていると
スケジュールはすべて自分次第。

旅行に行きたいと思ったらいつでも行けてしまうんです。

ノートパソコンを持っていったため
教材購入者さんのサポートもホテルで行うことだってできます。

 

そしてもちろん、いくらスケジュールが自由でも
お金に余裕がなければとても気軽に旅行など行けません。

その点も
やった分だけ収入に反映されるネットビジネスをやっているからこそ
特に心配はありませんでした。

自分の収入と貯金額、そして毎月の生活費は頭に入っているため
いくらまでなら余分に使ってもいいという金額も分かっています。

だからこそ、思い立ったその時に旅行へ行くことができるのです。

 

僕はサラリーマン時代
家族で泊りで旅行へ行ったことが一度もありません。

サービス業だったので連続した休みも取れず
日帰りの旅行をしても翌日の仕事のことが気になり
疲れを残さないようにと、ハメを外して遊ぶこともありませんでした。

でも1人で家で仕事をしている今なら
たとえ前日の疲れが残っていても
好きな時に休んで好きな時に仕事をすることができます。

そんな幸せを感じた家族旅行でした。

 

ネットビジネスをやっていれば
サラリーマン生活では絶対にありえないことが普通に実現します。

今の生活に疑問があるならば
一日も早くネットビジネスを始めることをオススメします。

サラリーマン生活を続けていても
それで未来は何も変わりません。

目の前にいる上司が
あなたの何十年後の姿なのです。

・その上司のようになりたいですか?
・その上司は毎日イキイキとした顔で働いてますか?

いま一度、そのことを真剣に考えてみてください。

参考になれば幸いです。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックお願いします

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

今後メルマガでは
自宅に居ながらにして情報発信で稼いでいく方法を配信していきますので
ぜひとも登録しておいて下さい。

メルマガ登録は【コチラ

 

●追伸

今日、太陽光パネルのメンテナンスのために
業者の人がうちに来ました。

その人も含め、家に初めて来た人に必ず聞かれるのが

 

「道具商って、どんなお仕事なんですか?」

 

確かに、普通の人には聞きなれない言葉ですよね^^

そして毎回これを聞かれる原因は
玄関のインターホンの上に貼ってあるこのプレートのせいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はCD転売で生計を立てていたので
始める際に古物商許可証の取得が必要でした。

その古物商の中にも色々あって

・美術品類
・時計・宝飾品類
・事務機器類
・金券類

など、計13種類あるわけです。

その中で、転売せどり系で多いCDやゲームなどの「道具類」を扱う人は
「道具商」ということになるわけです。

まぁ、一言でいえば
「その他」みたいな感じですね。

初めて来る人には毎回聞かれるので
いつも

「ネットショップで色んなものを売ってます」

とだけ言っています。

そこで詳しく説明していてもムダに時間を奪われるだけですからね^^

それではまた明日!