自宅で働くことの素晴らしさ Part 1 (運動会編)

10月は何かと予定があったのですが
まず10月6日の土曜日には、保育園の運動会がありました。

運動会と言えば、子どもがいる人にとっては一大イベントですよね。

特にお父さん達にとっては
子供の保育園での様子や頑張っている姿を見ることのできる
数少ない機会です。

僕は毎日送り迎えをしていますが
他のお父さんが保育園に来ることは稀で
運動会か発表会くらいしか見かけることはありません。

そんな大事な運動会ですが、
天気予報を確認すると、その日だけ思いっきり雨。

しかも運動会が行われる午前中だけ大雨で
午後から晴れるという、嫌がらせのような予報が出ていました。

不安を抱えながら当日を迎えると
朝7時に保育園から「予定通り開催します」とのメール。

「え、大丈夫?」

と思いながらも出かけましたが
始まる前からすでに激しい雨が降り始め、
敷いていたビニールシートも雨でビチャビチャの状態。

「こりゃあ、やっぱり中止だな」

そう思っていた矢先
保護者全員に新しいプログラムが渡され
一部予定していた競技を削って実施すると書かれていました。

当然、子どもたちが今まで練習してきた競技を削ることはできませんので
お父さんお母さんと一緒に行う競技や
来賓の方や祖父母の方の玉入れなどの競技が削られました。

いざ運動会が始まると
一時的に雨は止むものの、またすぐに激しい雨が降り始め
運動場で踊っている園児たちからは「キャーッ!」という悲鳴が上がっています。

結局、1つの種目が終わるごとに園児たちはテントの中に避難し
雨が止んだら次の種目へと進むという状況でした。

 

 

 

 

 

僕の気持ちとしては
「今日は中止にして、後日やればいいじゃん」
という感じでした。

雨天中止の場合は10日(水)に実施することになっていて
その日の予報は晴れだったからです。

でも園長先生はかたくなに強行しようとします。

なんでだろうと思っているうち
ふと隣にいる夫婦の会話が聞こえてきました。

「水曜日は会社休めないから無理だよ」

 

そう、よくよく考えると
サラリーマンの人がいきなり平日に休めるわけがありません。

すっかり感覚がマヒしていましたが
僕はいつでも自由に時間を作ることができるけど
会社勤めをしていたら、そう簡単に予定をずらすことなどできないのです。

園長先生が無理やりにでもその日に運動会を進めようとしたのは
自分たちのスケジュールより何より、保護者の人のためでもあったのです。

しいては、お父さんにも頑張っている姿を見てもらいたいという
子どもたちの為だったんだと気づきました。

思えば2年前の運動会
僕は当時まだサラリーマンで、せっかくの休みを運動会に潰され
イヤイヤ見に来ていたのを思い出しました。

そこでなおかつ
「運動会は中止で、後日改めて行います」なんて言われたら
きっと「チッ」と舌打ちの1つでもしていただろうと思います。

会社を辞めて自宅で1人で働くようになって以降
時間的にも精神的にも自由になり
心に余裕が生まれました。

今では何のストレスもなく
いつも笑顔で過ごすことができています。

雨の中で行われた運動会を見て
ふと今の生活に改めて幸せを感じました。

雨の中がんばった子供たちにはご褒美として
その夜、大好きなお寿司を食べに連れて行ってあげました^^

そしてその数日後
さらに大きなご褒美をプレゼントしました。

詳しくはまた明日お話します。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックお願いします

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

今後メルマガでは
自宅に居ながらにして情報発信で稼いでいく方法を配信していきますので
ぜひとも登録しておいて下さい。

メルマガ登録は【コチラ

 

●追伸

子どもたちが頑張っている姿、成長した姿を見ると
お母さんたちは涙を流す人が多いです。

実は僕も涙を流してしまいます。

これってよく考えると
それだけ毎日子供と向き合っている証拠ですよね。

子どものことを第一に考えているからこそ
運動会とか発表会なんかは涙が出てしまうんです。

2月には上の子の保育園最後の発表会があるので
号泣必至ですね^^

それでは今日はこの辺で!

 

●追追伸

次は「自宅で働くことの素晴らしさ Part 2 (家族旅行編)
という記事を書いたので、見てみて下さい。