プレミアの宝庫?インディーズ盤は〇〇で見分けよう

こんにちは、堀場です。

前回の記事では、ヤフオクで大量にCDを仕入れてバラして売るという
転売手法についてお話ししました。

これは私が現在も稼ぎ続けている手法です。

先日も、いつものようにヤフオクで仕入を行い、
邦楽CD1,300枚を、送料と併せて20,000円ほどで落札しました。

すでにいくつか出品して落札されているのですが
その中の2枚がプレミアが付いており、昨日の夜、それぞれ

11,500円
8,050円

で落札されました。

 

 

 

 

 

 

つまり、1,300枚のうちこの2枚だけで
仕入金額をほぼ回収してしまったことになります。

この2枚は、ともにインディーズ盤でした。

インディーズのCDにはプレミアがついていることが多いですので、
見逃さないよう注意深くチェックする必要がありますね。

ではそもそも、「インディーズ」とは何なのか、
どのようなものが「インディーズ盤」なのかについて解説していきます。

メジャーとインディーズの違い

インディーズとは、日本レコード協会に加盟しているメジャーレーベル

・ソニー
・ワーナー
・エイベックス
・ユニバーサル

などの大手のレコード会社ではなく、
協会に加盟していないマイナーレーベルのことを言います。

違いはいくつかありますが、
メジャーレーベルのアーティストは、全国のあらゆるCDショップ等で自分たちのCDが売られます。

テレビや大きいイベントなどへの出演も積極的に行われるため、
知名度も高く、多くのCDが市場に流通することとなります。

一方、インディーズのアーティストたちは、そもそもCDを売ってくれる場所が少なく、
メジャーレーベルのようなバックアップ体制もないため、必然的に流通するCDの量は限られてきます。

しかしこれこそが、インディーズのCDが「プレミア化」する原因なのです。

よくあるパターンとして、
現在メジャーで活躍しているアーティストのインディーズ時代のCDなどがプレミア化するケースが挙げられます。

もちろんそれ以外にも、知名度こそないが、一部のファンから熱狂的な支持を得ている
インディーズアーティストのCDもプレミア化したりします。

メジャーとインディーズの違いは品番にあり

CDには必ず規格品番が付けられています。

メジャーレーベルのCDであれば、例外もありますが、
基本的には「アルファベット4文字」と「1~5桁の数字」の組み合わせでできています。

こういった感じです。

アルファベット4文字のうち、
12cmサイズのCDは、3文字目が必ず「C」になっているのが特徴です。

ちなみにこれが昔の8cmシングルだと3文字目は「D」、
DVDだと「B」となります。

もう1つの特徴として、
最初のアルファベット2文字は、レーベル名を表しているので、
そこを見るだけである程度メジャーなレーベルかを判断することができます。

上の画像のCDでいうと、

JECN-0003 ⇒ ジャニーズ・エンタテイメント
TOCT-24067 ⇒ 東芝EMI
WPCL-10244 ⇒ ワーナー
AVCD-11643 ⇒ エイベックス
PCCA-01528 ⇒ ポニーキャニオン

という感じです。

試しに、あなたが持っているCDやDVDの品番も一度見てみてくださいね。

一方、インディーズレーベルにはそのようなルールはありませんので、
様々な形式の品番が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、「アルファベット4文字」と「1~5桁の数字」の組み合わせでメジャーと同じようでも、
よく見ると3文字目が「C」ではない場合、インディーズ盤だと判断できますね。

最近では、インディーズでもメジャーと同じ品番形式のものも増えてきたため、
初心者の方には少し分かりづらいかもしれませんが、
慣れてくると、品番やレーベル名やアーティスト名を見れば、
すぐにインディーズかどうか分かるようになりますよ。

仕入れた商品をチェックする際は、
その辺りも気にしてみてくださいね。

友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸

インディーズ盤や価値がよく分からないCDは、
必ずオークション形式で出品してくださいね。

結構驚くほどの金額に跳ね上がることがありますよ^^