ヤフオクでCDを出品する際、商品画像は何枚必要?どこを撮影すればいい?

2017年10月10日より、ヤフオクで出品する際
商品画像を最大10枚まで掲載することができるようになりました。

それまでは最大3枚まででしたから
これだけ増えると、いろんな角度から撮影した画像を載せれますので
とてもありがたいですよね。

ただ、私のようにCDだけを出品している人にとってはどうでしょうか。
10枚に増えたことによって何が変わるでしょうか。

CDというのは、ほとんど形が決まっています。
初回限定パッケージなどの特殊なものでない限り
写すべき所はほとんど同じなんです。

そのポイントについて解説していきます。

正面からの全体像

1枚目の画像は、商品検索時にタイトルとともに表示されますので一番重要です。
これには必ず、商品の全体を正面から写した画像を使用してください。

このように、帯が付いている場合は必ず帯も一緒に写しましょう。

一部の例外を除き、日本のアーティストのCDには元々「帯」が付いています。
これの有無によって価値が上下することが多いので
付いていることを視覚的にアピールする意味でも必ず掲載してください。

傷みや汚れのある箇所

ケースの破損や、ジャケットなどに傷みや汚れがある場合
商品説明に記載するだけでなく、その箇所を写した画像も載せてあげると
とても親切です。

「思っていたより状態が悪かった」というクレームを防ぐこともできますしね。

どうしても文章だけでは的確にその傷みの程度を伝えることは難しいので
これは絶対にやっておきたいですね。

曲目リスト

そのCDにどんな曲が収録されているかを分かるようにしておくと、確実に購入率が上がります。

ネットから曲目リストを拾って商品説明に貼り付ける方法もありますが
かなりの時間のロスになりますので、写真に撮るのが一番手っ取り早いです。

初回特典などのセット内容

通常のCDであれば上記の3点で十分ですが
初回限定盤などの特殊なCDの場合
中にブックレットやステッカーなどの特典が入っていたりします。

商品説明に1個1個記載するのも手ですが
内容物すべてが写った画像を1枚載せるだけでも十分です。

このように、よく分からない物が入っていたら
とりあえず写しておけば間違いありません。

マニアの方だと、ただの「アンケートはがき」の有無すら気にしますからね。

まとめ

以上がヤフオクでCDを出品する際の
商品画像の掲載ポイントです。

・正面からの全体像
・傷みや汚れのある箇所
・曲目リスト
・初回特典などのセット内容

これだけ載っていれば十分ですね。

特に傷みや汚れもなく、特別なセット内容もないなら
全部で2枚で十分事足りると思います。

これ以上載せても勿論構いませんが
単なる時間のムダになると思いますのでオススメしません。

逆に、正面からの1枚だけだと買う側も不安になりますので
最低でも2枚、多くても5枚くらいに留めておくのが良いですね。

ぜひ参考にしてください。

次は「ヤフオクでCDを出品する際、「終了日」「終了時間」はいつにすればいい? PART 1
という記事を書きましたので、ぜひご覧ください。

今後の更新を見流さないために、こちらからLINE登録をお願い致します。
友だち追加

●少しでも役に立ったと思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

親父・お小遣い稼ぎランキング

●追伸

ディスクのキズを写すべきかどうかですが
そこまでしている人をほとんど見かけませんし
特に写す必要はないですね。

「少しだけ再生に問題ない程度の薄いキズがあります」
というように、説明欄に書くだけで十分だと思いますよ。