【サラリーマン必見!】正社員が会社に内緒で副業(ネットビジネス)を始めるための3つの方法

こんにちは、堀場です。

これからネットビジネスを始めようとしている人のほとんどは
いきなり専業ではなく、副業で始める人がほとんどだと思います。

でもその場合、ある不安が頭をよぎりますよね。

 

「うちの会社は副業禁止だから、会社にバレないか心配だ」

 

確かに、一部の大手企業では「副業OK」の所も出てきましたが
まだまだ世間一般的には「副業禁止」の企業の方がほとんどですよね。

せっかく「ネットビジネスを始めたい!」と思っても
「副業をやってることがバレたら・・・」なんていう思いから
副業を始める事に躊躇している人も多いのではないかと思います。

 

そこで今回は
【会社に内緒で副業を行うためにはどうすればいいか】

これについて解説していきたいと思います。

これさえ知っていれば
安心して副業でネットビジネスに取り組む事ができると思います。

そもそも副業をするとなぜ会社にバレるのか

会社に内緒で副業を始める方法をお伝えする前に
そもそも副業をしたとして、どのような経路で会社にバレるのでしょうか。

これには主に3つの理由があります。

 

確定申告

会社に勤めながら副業で収入を得ている場合
その収入が年間20万円以上になる場合には「確定申告」をする必要があります。

 

この確定申告によって会社にバレてしまう事が非常に多いです。

 

会社勤めしている場合、住民税はあなたの給料から天引きされてますよね。

住民税の金額はあなたの所得に応じて決まるわけですが
副業で得た収入分を確定申告すると、会社の給料プラス副業の収入が乗っかるため
住民税が高くなります。

これによって、あなたの会社の給与計算に関わっている人が
「あれ?この人、会社の給料に対して住民税が高くない?」となり
「会社以外に収入があるに違いない」となってバレてしまうのです。

 

ここで言う「収入」というのは

売上から仕入金や送料、仕入の際にかかった交通費など
売上からすべての経費を差し引いた金額が20万円を超えるのかどうか
ということですね。

これが年20万円以下なら申告の必要はありませんが
年20万を超えるなら申告が必要となります。

 

他人からの密告

副業が会社にバレる一番の原因は上記の住民税によるものですが
それ以外にもバレる理由はあります。

その1つが「密告」です。

 

密告と言うと何かスゴイことに思えるかもしれませんが

例えばあなたが副業でかなり稼いでいたとします。
すると、あなたは誰かに言わずにはいられなくなるんですね。

 

「内緒だけどさ、オレ先月、副業で30万円も稼いじゃったんだよね」

 

これを友人だけならまだしも
会社の同僚などに話してしまうと非常に会社にバレやすいです。

どんなに仲が良くて信頼している同僚でも
あなたの成功を快く思わない人が出てきて
上司などに「実は○○君なんですけど・・・」と告げ口されてしまうのです。

 

ネットの検索に引っかかる

これは一番確率が低いかも知れませんが

もし会社の人間が何らかの理由であなたの名前を検索した時に
あなたが本名で副業の情報発信をしていたら検索にひっかかり
そこからバレます。

顔をさらけ出していたら言い逃れもできないですね。

 

このように

・住民税
・密告
・ネット検索

この3つの理由で会社に副業がバレる可能性があるわけですが
ではどのようにすれば、会社にバレずに副業をすることができるのでしょうか。

その方法を今から解説していきます。

会社にバレずに副業をする方法とは

1.住民税の徴収方法を「普通徴収」にする

先ほどもお話ししたように
会社勤めをしている場合、住民税は給料から天引きされています。

これは会社側があなたの代わりに住民税を徴収してくれるもので
これを「特別徴収」と言います。

実は住民税の徴収方法にはもう1つあって
自分で住民税を収める「普通徴収」というものがあるんですね。

 

この「普通徴収」で住民税を収めるためには
確定申告する際の住民税の納付方法を「自分で納付(普通徴収)」
にしなければなりません。

これをしておけば、会社にバレることなく副業を行うことができますよ。

 

1点だけ注意点としては
役所も「特別徴収」か「普通徴収」かを人の目で1枚1枚確認しています。

ほとんどの人が「特別徴収」のため
その中に「普通徴収」の紙が混ざっていても気づかない事があるようです。

こんな事をされては一溜りもないので
念のために後日、役所に電話して
「自分はちゃんと普通徴収になっているか」を確認しましょう。

そこで間違いに気づいてくれることもあると
知り合いの税理士さんが言っていました。

どうしても心配な方は、試してみてください。

 

2.副業をしている事を誰にも言わない

副業がうまくいって稼げるようになると
どうしても人に自慢したくなるのは分かります。

しかしそれがアダとなり、会社にバレる危険性が高まります。

なのでどんなに仲のいい同僚だろうが
慕ってくれる後輩だろうが、副業の事を話してはいけません。

うまくいってるならいってるで
自分の胸の内だけに留めておきましょう。

これ以上の予防策はありません。

 

3.実名&顔出しして情報発信をしない

副業でせどりをやってる人なら
同時にブログやTwitterなどで情報発信する人も多いと思います。

もしそこで実名を公表して顔も出しているなら
会社の誰かにネット検索されたら一発アウトです。

 

副業をやっていると
会社で働いてる時にも何らかの異変が出てくるものです。

・最近アイツいつも疲れてるな
・なんかアイツ、ここのところ楽しそうだよな

こういう異変を感じると
上司にネット検索されてしまう可能性が十分出てきます。

会社を辞めて専業でやるならともかく
会社に内緒で副業をするなら、実名&顔出しはやめた方がいいですね。

ビジネスネームとして実在する名字などを使うのがオススメです。
そうすると読者さんにも違和感はありません。

まとめ

以上が
「会社にバレずに副業でネットビジネスで稼ぐ方法」でした。

今後「副業OK」の企業が増えていくとはいえ
まだまだ副業禁止の方が一般的です。

会社に勤めている以上は会社の規則を守らなければなりませんので
ここで書いた方法を守って、稼ぐことだけに集中していきましょう。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックお願いします

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

●メルマガでも情報発信で収益化していくための情報を配信しています。
匿名で登録できますので【コチラ】からお申込みください。

 

 

 

 

●追伸

今回の記事で言った「年間20万円以上の収入」というのは
あくまで働いて得たものの事です。

例えば家の不用品を売って30万円のお金が入っても
それは確定申告の必要はありません。

なのでせどりなどの副業を始める場合は
まずは不用品を売って軍資金を稼ぎましょう。

人にもよりますが
それだけで10万円くらいのお金は作れるんじゃないかと思いますよ。