ブログを書く際に最低限必要な文字数ってあるの?

こんにちは、堀場です。

ネタも決まり、いざ実際にブログを書こうと思っても
次に気になるのが

「何文字くらいの記事を書けばいいの?」

ということですね。

確かにあまりに文字数が少なすぎると
内容が薄っぺらすぎてGoogleの検索結果に表示されないと言われてます。

 

しかしいろんな人のブログを見ていても
「500文字くらいがベスト」と言う人もいれば

「1000文字以上を推奨します」
「いや、2000文字以上は絶対必要です」

と言う人もいて
何が一番良いのか、いまいちよく分かりません。

今回はこれについて解説したいと思います。

本当に大事なのは文字数ではない

まず頭に入れておいて欲しいのは
「一番大事なのは文字数ではない」ということ。

たとえば
①500文字だけど内容が簡潔にまとめられていて役に立つ記事
②2000文字だけどゴチャゴチャしていて読みにくく内容が薄っぺらい記事

この2つを比べた場合
読者さんや検索ユーザーにとってどちらがためになるでしょうか?

間違いなく①の記事の方が有益だと思います。

 

文字数ばかりを気にし過ぎて
本来の目的を忘れては本末転倒です。

本来500文字で十分なのに
文字数稼ぎのためにムダに話を横道に逸らしたりと
余計な情報が増えることで

「結局何が言いたいの?」

となり、途中で読むのを止めてしまう人だって出てきます。

 

「読者さんや検索ユーザーにとって有益な情報を発信する」

 

これが記事を書く上で一番重要な事ですので
文字数ばかりに捕らわれ過ぎないようにしましょう。

あえて理想の文字数を挙げるなら

しかし、まったく基準がないのも困りますよね。

そこでもし僕があえて理想の文字数を挙げるとすれば
「1200文字前後」を推奨します。

その理由は
ブログを読むのに苦にならない時間は3分と言われているからです。

約400字で1分と言われてますので
3分であれば1200文字くらい、ということですね。

 

あまりに短すぎても
「え?もう終わり?」感が否めない記事になってしまいますし

逆にあまりに長すぎても
読むのに疲れてしまって何も頭に入ってこなくなってしまいます。

もし2000文字以上になる場合は
2回に分けて書くなどの工夫が必要な場合もありますね。

その方が読者さんも読みやすいですし
記事数も稼ぐことができます。

まとめ

結局の所
一番重要なのは文字数なんかではなく

「その記事が読者さんや検索ユーザーを満足させられるか」

この一言につきますので
あまり文字数にはこだわらないでいたければと思います。

この意識で書いていれば
文字数は記事によっては800文字だったり2000文字だったり
結構バラケてくるはずです。

それでいいんですよ。

ぜひ参考にしてください。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックお願いします

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

●メルマガでも情報発信で収益化していくための情報を配信しています。
匿名で登録できますので【コチラ】からお申込みください。

 

 

 

 

●追伸

ちなみにこの記事の本文の文字数が
ちょうど1200文字くらいです。

なので大体3分くらい
もしくはそれ以下でサクッと読むことができたと思います。

これくらいの文字数であれば長すぎず
集中して最後まで読み切ることができますね。