ブログをやってると叩かれたりしない?アンチコメントや誹謗中傷が怖いあなたはこれを読めば大丈夫

こんにちは、堀場です。

ブログで毎日情報発信をするとなると

・批判的なコメントがくるんじゃないか
・誹謗中傷されたらどうしよう

という心配を抱く人もいるのではないでしょうか。

 

「そんな事されたら心が折れてしまいそう」

という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

確かに
今後あなたがめちゃくちゃ有名になったら
そういったコメントが来ることは避けられません。

 

でも大丈夫です。
一切気にしなくてOKです。

いやむしろアンチコメントがくるという事は
実は喜ぶべきことなんです。

今回はそれについて解説したいと思います。

アンチコメントは成功の証

まずそもそも
まったく知名度がないうちはアンチコメントがくることはありません。

ほとんど誰も見ていないのですから
そもそも感謝の言葉も罵声もくることはない状態です。

逆にもしアンチコメントが出るようになったら
自分は「知名度が出てきたな」「うまくいっている」
という証拠なんです。

 

まず覚えておいて欲しいのは
なぜ中傷する人が出てくるかというと
それはあなたに嫉妬しているからです。

あなたが羨ましいから誹謗中傷やアンチコメントを入れてくるんです。

 

一見バカらしい企画ばかりやって何億円も稼いでいるYoutuberに対してだって
その動画には膨大な数のアンチコメントが入ってますよね。

でもそこには
「オレはこんなにツライのに、コイツら楽して稼ぎやがって」という
「本当は羨ましい」という感情が滲み出ています。

 

ブログをやっていてアンチコメントがきたって
別に気にする必要は一切ありません。

たとえ誰かにそのコメントを見られたとしても
周りから見たら、どちらが低レベルかは一目瞭然です。

「じゃあお前もやれよ」の一言で片付けられてしまいます。

コメント欄は設定で非表示にできます

それでもどうしても気になるなら
コメント欄を公開しなければOKです。

実際、僕もブログのコメント欄は封鎖していますので
コメントしたくてもできない状態にしてあります。

どうしても僕にメッセージを送りたい人は
ブログに設置してある「お問い合わせフォーム」から連絡してきてくれます。

 

メッセージで誹謗コメントが来たとしても
僕しか見れないため、僕が気にしなければいいだけの話です。

これがTwitterなら、即ブロックです。

 

アンチコメントの内容を気にしてモチベーションが下がり
行動を止めてしまっては、相手の思うつぼです。

相手はあなたをそうやって引きずり降ろそうとしているのです。
決して同じステージに立たないようにしましょう。

まとめ

以上が
アンチコメントを恐れる必要のない理由についての解説でした。

一番最悪なのは、誹謗中傷を恐れて
当たり障りのない意見しか言えなくなってしまうことです。

それではあなたの存在意義がなくなります。
そんな言葉は誰の心にも響きません。

「あぁ、この人は私に嫉妬しているんだ」
「ってことは、私もようやく知名度が出てきたんだな」

という風に自信を持って
アンチコメントは華麗にスルーしましょう。

 

●少しでも役に立ったと思ったらクリックお願いします

親父・お小遣い稼ぎランキング

 

●メルマガでも情報発信で収益化していくための情報を配信しています。
匿名で登録できますので【コチラ】からお申込みください。

 

 

 

 

●追伸

僕も少しだけ心配した時期がありましたが
ネットでお釈迦様の有名なエピソードを読んで以来
その心配はなくなりました。

今回は以下にそのエピソードを引用して
お別れしたいと思います。

あるところに、
お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、
ひがんでいる男がいました。

 

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。
いまいましい」

 

男はそう言いながら、
お釈迦様をギャフンと言わせるための作戦を練っていました。

 

ある日その男は、お釈迦様が毎日
同じ道のりを散歩に出かけていることを知りました。

そこで、男は
散歩のルートで待ち伏せして、
群集の中で口汚くお釈迦さまをののしってやることにしました。

 

「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、
汚い言葉で言い返してくるだろう。

その様子を人々が見たら、
あいつの人気なんてアッという間に崩れるに違いない」

 

そして、その日が来ました。

男は、
お釈迦さまの前に立ちはだかってひどい言葉を投げかけます。

 

お釈迦さまは、ただ黙って、
その男の言葉を聞いておられました。

弟子たちはくやしい気持ちで、

「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」

とお釈迦さまにたずねました。

 

それでも、お釈迦さまは一言も言い返すことなく、
黙ってその男の悪態を聞いていました。

男は、一方的にお釈迦さまの悪口を言い続けて疲れたのか、
しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。

どんな悪口を言っても、お釈迦さまは一言も言い返さないので、
なんだか虚しくなってしまったのです。

その様子を見て、お釈迦さまは
静かにその男にたずねました。

 

「もし他人に贈り物をしようとして、
その相手が受け取らなかった時、
その贈り物は一体誰のものだろうか」

こう聞かれた男は、
突っぱねるように言いました。

「そりゃ、言うまでもない。
相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。

わかりきったことを聞くな」

男はそう答えてからすぐに、

 

「あっ」

 

と気づきました。

お釈迦さまは
静かにこう続けられました。

 

「そうだよ。
今、あなたは私のことをひどくののしった。

でも、私はその ののしりを少しも受け取らなかった。

だから、あなたが言ったことは
すべて、あなたが受け取ることになるんだよ」

このエピソード、めちゃくちゃ痛快じゃないですか?

「お前、頭悪そうだな」と言われても
その言葉をあなたが受け取らなければ
その言葉は言った相手のものになるのです。

自分で自分のことを「お前、頭悪そうだな」
と言っているのです。

これでもう何も怖いものはありませんね。

それでは。